その使い方?
2019/04/08
久しぶりにネコさんたちに、新しいおもちゃを買ってみました。
一つは穴あきだらけのトンネル、
ネコさんは、狭いところに潜る習性があって、
さらに開いた穴の中から外から手を出したり、
トンネルそのものから飛び出したりと、
見ていても面白そうなもの。
さっそく、組み立てておいたら、
さすがごろ君、しゅたっともぐりこんで、
穴から手を出したりと遊んでいるじゃないですか!
そのうちバックで飛出したり、
おーー、これは久々ヒット商品か、と思いきや、

次に見たら、
すっかり敷物になっていました。。。
材質は厚地のフェルトって感じなので
乗ったらくちゃっと潰れてしまうのです。。。
それ以降、中に入ることはなくなっています。
気に入ってくれたようなんだけど、でも
それ使い方違うからっ。

そしてもう一つは、手前の丸いもの、
中にころころボールが入っていて、
でも隙間が狭くて取れそうで取れない、それをちょいちょぃして遊びます。
まー、彼らも10才の大台を過ぎたので、人でいえばシニアの年齢、
子猫のように遊びに一生懸命ではないにしても、
気になっては、ちょいちょいしてみてるようでした。

で、次の日、
3つ入っていたはずのボールが2つしかありません。
しかも、今入っているボールも、
何と簡単に取り出せてしまいます。
こちらは材質は段ボールなので、
必死でちょいちょぃしているうちに隙間が広がった模様。
んもぅっ、バカ力なんだからっ。

杖卒業!!
2019/03/29
長かったですー。
ようやく杖なしで、出歩けるようになりました。
階段の上り下りも、普通に近いくらいできるように。

一時はパンパンに腫れて、平地を歩くのも大変だったのが、
膝にちゃんとくぼみができて、少しばかりの腫れになってきましたよ。
ようやく、炎症が落ち着いてきたようです。
三か月かかりましたねー。
それでもまだ完全に以前の通りではありません。
八分目くらいの状態でしょうか。
更にリハビリを続け、できるだけ元に戻したいです!
ちなみに、プラセンタと、軟骨成分も続けています。

ウチのごろ君は、まん丸になって寝ています。
桜の頃は案外冷えます。伊達の薄着は禁物ですよ、しっかり暖かくして過ごしましょう。

バリアフリー
2019/02/25
さて、左膝は、
体重をかけると痛むので、
杖で、その重さを支えて、
左膝の負担を軽くしています。

ここのところようやく痛みが少なくなったので、
バスや電車に乗ってみました。

すると、バスでは、
母くらいの年齢の方に席を譲られ、
電車では、息子くらいの年の子に席を譲られ、
何とも複雑な心境でした。
でも、揺れる電車やバスで立っているのは不安定なので
とても助かったのですが。。。

それにしても、
バリアフリーの使いづらさを痛感します。
何しろ後からとってつけたようなところが多いので、
エレベーターはとても端っこにあったり、
エスカレーターも上下が必ずあるわけではないので、
あるところまで遠回りをしなくてはならなかったりなのです。

特に今、大江戸線の両国駅はあろうことか、エレベータが今年の年末まで
工事中で使えず、エスカレーターのあるところまで歩かされます。
これがかなりきついです。

そういうわけで、勝手のわからない駅はなかなか使えません。
母がやはり足が悪かったので、
どこか行く時は前もってエレベーターやエスカレーターの場所を把握してから
出かけていたのを思い出しました。
自分が今その立場になって、
大変さを実感します。

にゃんこの関節が羨ましい。
可動域が広すぎます。くにゃくにゃです。
目の前にやってきて、なでてアピールのごろ君です。

残る雪とネコ
2019/02/12
雪、ちょこっとでしたねー、
積もらなくてよかったです。
次の日、屋上をのぞいてみたら、少しだけ土の上に雪が残っていました。

さて、ヤザワ、最近杖を使っております。
すっかり膝の関節が炎症を起こし、
歩けば歩いただけ、痛むのです。
関節のことですから、スムーズな時もあれば、
痛むときもあり。でも、スムーズな時と言ってもそれは最初だけで、
歩いているうちに痛くなってきます。
それが杖で支えていると、膝にかかる負担が少なくなり、
痛みが出にくいようです。
杖は、母が使っていたものですが、
まさか自分が使うようになるとは思いませんでしたよ。

原因は、続いた入院生活で、すっかり太ももの筋肉が落ちてしまっていたこと。
そしてもともと、膝を痛めていたこと。
そこに、体調がずいぶん戻って動けるようになったと過信、
重い荷物をもって行ったり来たり、歩き回ってしまったこと。

さてさて生活していく上で、歩かない、ということはあり得ません。
歩きながら、リハビリをして炎症を鎮める。
少し長くかかりそうですが、も、今さら、じたばたしませんよ。
ただこれで痛いのは打ち止めにしてほしい、と思うのです。

一時間!
2019/01/16
母が入っている施設の代金は、
毎月、口座から引き落としなのですが、
今度の施設は、指定銀行があり、
私はその銀行に口座がなかったので、
新しく口座を作りました。

最近では、やめることはあっても
新しく作るのは久しぶりで、
窓口に行くと、
何と、一時間もかかるとのこと!

混んでいるからでもなく、
ただ単に、口座を新設するのに、
一時間かかるのですよ。

何か他にもいろいろ調べられているんでしょうか。
犯罪歴とか、どこやらのブラックリストに乗っているかとか、

何とも落ち着かず、一時間待ちましたよ。
無事に新しい通帳はできましたが、
最近では、どこでも新しく口座を作るのは大変なんだそうです。
昔は簡単に作っていましたけどねぇ。
よほど犯罪が増えているってことなんでしょうか。

屋上で沈丁花がほころび始めていました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします
2019/01/02
2019年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
お店は5日土曜からです。
皆さまのご来店お待ちしております。

このお正月は、
隅田公園にある牛島神社に行ってきました。
12月中半過ぎ、義母稲葉弌子が永眠しましたので、
お参りはせず、
お札を返しに行ったのですが、

写真、ちょっと変と思われた方、
鋭いです。
昨年の台風で、鳥居が壊れてしまって、
なくなっているのです。
何だか間が抜けた感じですよね。
早く元に戻るといいのですが。

そして普段はひかないおみくじも引いてみました。
昨年はいろいろありすぎたので、験直しですっ。

今年は穏やかな一年になりますように。

新年は5日から営業予定です
2018/12/23
母が自宅近くの施設に移ることになりました。
今までの施設は、埼玉の戸田公園駅からさらにバスで、という
1時間強かかるところだったので、ずいぶん行くのがラクになりそうです。

ちょうど去年の年末押し迫った時に入り、そろそろ1年。
なかなか体調が戻らず、更に転んで骨折したり、それでも食事やリハビリで、何とか回復。このところ、すっかり元気になって、施設の方にはホントに感謝です。

母には、また環境がガラッと変わるので、慣れるのが大変だとは思うのですが、
ここで踏ん張ってもらいましょう。
私もちょくちょく行かれますから。
とは言っても、続けて行っても、昨日来たことは忘れていますし、
さらに私の入院が2度もあって、2回とも、1ヶ月以上行かれなかったことが、すっかりインプットされてしまい、、
私は「なかなか来ない人」に、なってしまいました。
挽回できる日は来るんでしょうか???

母は、年が明けて4日に移動です。
そういうわけで、お店は5日の土曜からと思っています。
本当に、今年はいろいろとご迷惑をおかけいたしました。
短い営業時間に来られなくなってしまった方、ごめんなさい。
もし機会がありましたら、またお会いできますように。
また来年も引き続きよろしくお願いいたします。

床暖房が入ると、伸び伸びです。

しっぽと山茶花
2018/12/18
自宅屋上で山茶花が咲いていました。
白毛混じりの黒い筆のような代物は、
うちのごろ君のしっぽです。
撮るのはボクでしょ、と言わんばかりに前を通っていきましたよ。

ヤザワの店前にある植木も山茶花なんですが、
一昨年、ヒョウにやられて以来、花芽が付かなくなりました。
葉自体もなかなか増えません。
何か栄養をと探していたのですが、
まずはクロレラを試してみることにします。

クロレラの粒は、動物にも使えます。
動物に使う場合、体重1キロに1粒くらい、とのこと。
ウチの猫たちも、シニアの年頃、病気にならないようにと
毎日カリカリごはんに混ぜています。
2匹合わせて11キロですが、今は6粒。
何しろ、どっちがどれだけ食べているかわからないので、少なめで。

フェルメール展
2018/12/06
春以来、ようやく上野に足を運びましたよ。
上野の森美術館でフェルメール展を観てきました。

今回の展覧会、画期的なことが二つ。
一つは日時指定のチケット、そして会期中休みがほとんどなく、
毎日8時半まで見られるということ。
今日は1時から入れるチケットを事前に購入。時間まで30分ほど並んで待ちましたが、入るとまだまだ人が少なくて、特別展であれだけ人が少ないのは初めてかも。もちろんフェルメールのところは混んでいましたが、それでも結構気が済むまで見られたので、2500円は高くなかった、かな。そうなの、チケット代がいつもより高めです。
もう一つは、画に説明書きがないこと。その代わり入場の時にもらった小さな冊子が解説になっていて、それを読みながら鑑賞できること。その場では画と、タイトルと作家名だけなので、気が散らないし、後からまた読めるので、良かったです。

それで肝心のフェルメールはどうだったかって?
言うことなし。絵画は実物に限ります。

食欲の秋
2018/11/11
健康優良中年なウチの猫たち、
暑い夏が過ぎて、食欲の秋到来のようです。

ウチの猫たちは、一度に平らげるということはなくて、
ちょこちょこ食べる、猫の鳴き食いと言われる食べ方です。

ごはんの時間が決まっているわけではなく、
空にならないよう補充する、というやり方です。
うっかり空になっていると、
にゃぁにゃあと、時間構わず訴えにきます。

その補充の回数がどうも多いような気がする、と思っていたら、
出るものまで、一日一度だったのが、二度出ているようです。
食べ過ぎたら出るものも増える!
羨ましい、
人間はそうはいきませんよね。
食べ過ぎたら、しっかり身について慌てることになる、というのが定番ですもの、

特に女子の鏡、黒猫のみぃさんは、一年中体重キープなのですよ。
どうコントロールしているのか極意を伺いたいところです(笑

前ページTOPページ次ページHOMEページ

お問い合わせフォームへ
- Topics Board -
Skin by Web Studio Ciel